<< 第6回新人王早押王問題作成・選定メンバー紹介 | main | チーム柳田問題傾向について >>
チーム堀川問題傾向について
 「東日本早押王」の出題を担当するチーム堀川。その代表の堀川さんから、問題傾向についての文章が届きましたので紹介致します。
なお、すでにホームページで記述しましたとおり、各地域の出題チームは、「自地域の新人王向けに出題することを第一に考える」と規定しておりますので、その点宜しくお願い致します。

-----------------
「西日本新人王」及び「東日本早押王」の問題責任者を務めております堀川と申します。
今大会の問題傾向についてご案内いたします。

今回、問題作成者の方には「クイズを始めたばかりの1年目〜5年目のプレイヤーでもこれは答えて欲しいと御自身が考える基本問題を提出して下さい」とお願いしました。

結果、硬軟おりまぜた幅広い問題が集まり、私が当初思い描いていた難易度に収まる問題群を選定することができました。この場を借りて問題提出者の方には御礼申し上げます。

今回、ジャンルについては、学問系は「文学歴史」「理系」「語学社会」の3ジャンル、非学問系は「生活」「芸術芸能」「スポーツ」の3ジャンルに分類しております。
当初、「生活の問題を多くするかもしれません」とご案内しましたが、実際に非学問系の問題は「生活」の問題が他の2ジャンルより多くなっております。また、学問系については「語学社会」の問題が他の2ジャンルより多めとなっておりますのでご承知おき下さい。

なお、各ラウンドごとの難易度の傾斜は一切かけておりません。初っ端から多少難しい問題も出ますし、プレーオフ以降でも押し合いになるような難易度の低い問題も出ます。

繰り返しとなりますが、1問1問「何を問われているか?」「どこがポイントなのか?」を正確に見極め、押していただきたいと思います。 皆様のご健闘をお祈りしております。
| 第6回東日本大会共通 | 22:44 | - | - | ↑TOP -
スポンサーサイト
| - | 22:44 | - | - | ↑TOP -
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 参加御礼&「アンケート」「忘れ物」のお知らせ
    SIB. (01/08)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE